多賀城市市民活動サポートセンター公式ホームページです

市民活動団体を探す

HOME > 市民活動団体を探す

一般社団法人 宮城ユーストラブルライン

情報更新日:2022/01/17

団体名 一般社団法人 宮城ユーストラブルライン
ふりがな いっぱんしゃだんほうじん みやぎゆーすとらぶるらいん
代表者名 三浦惣一
連絡先住所 宮城県塩釜市大日向町8-2-307
連絡先 電話 022-352-0023 /FAX 0120-970-025
E-mail all.friends@shininghand-mytl.org
HPアドレス https://shininghand-mytl.org
インターネット配信 HP
活動開始年 2022年1月
会員数 1
主な活動日 月~金(相談は何時でも)
主な活動場所・地域 当教室・多賀城市市民活動サポートセンター会議室 塩釜市・多賀城市・利府町・松島町・七ヶ浜町
会費 0円
予算規模
活動を始めたきっかけ・経緯 ・私は職業上不登校生徒との関わりが多くあり、様々なケースと対面して、いつも不登校問題を考えてきました。
・3年ほど前、Martin E.P. Seligman:ペンシルベニア大学教授・ポジティブ心理学(学習性無力感=長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人や動物は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなる)とCorey Keyes博士:米国エモリー大学教授・Mental illnessとMental healthの相違の研究論文(不登校・若者ひきこもり支援で最も重要なことは、実は心理的苦痛を取り除くことよりも、内的動機と直接関係のある「精神的健康」を高めることのほうがより重要なケースが圧倒的に多い)からを『不登校』を治す方法の一として“パソコン+会話”を使い、次々ハードルをクリアーさせることに「精神的健康」が増すと考えた。学習性無力感に陥った場合は30・40~でも引きずる。これを直す方法のフリースクールを立ち上げた理由です。
団体の活動目的 ・不登校生徒及び引きこもり・周辺生徒にパソコンと英会話を完全無料で提供し、健康な大人社会へ導く活動法人。
・大人のパソコン教室”利用料金は“『志の募金箱設置』、公共施設開催の場合は『施設利用料金+志』”をお願いします。
・僅かな食糧支援をおこなっています。ご相談ください。
団体の活動内容 ・子どもの悩み相談、子ども向けのパソコンを使った学習をおこないます。(大人のパソコン教室もあります)
・子どもたちのほうが詳しいかもしれません。英会話は必修です。それを武器に、自信をもって大人になってください。
団体のPR フリースクールは高額のお金がかかりますが、当法人は完全無料です。
このページの先頭へ戻る