「このようにしてしてできました」

設置の趣旨

 多賀城市市民活動サポートセンターは、多様な分野の市民活動団体や特定非営利活動法人(通称NPO法人)、ボランティアなど、非営利で公益的な活動をしている人たちや、これから活動しようと考えている人たちのための拠点施設です。また、生涯学習団体やサークル活動を行っている方々も利用が可能です。多様な市民活動がさらに活発になるように支援を行うとともに、市民・企業・行政の協働のまちづくりを推進することを目的としています。

設置の背景

 公共的なニーズは複雑化するとともに、多様化しています。ニーズの個別化により、行政の視点による効率性や専門性だけでは解決できない社会的課題や問題が数多く存在しています。
 多賀城市では、このようなことを背景とし、市民活動の促進と市民との協働による地域経営をめざしているところです。
 多賀城市には、福祉や環境保全、スポーツ・文化活動、コミュニティ活動等の分野で主体的に行動を続ける市民が数多くいます。このような市民の発意に基づく意義のある活動をこれまで以上に推進し、市民参画と協働によるまちづくりを進めるための基盤整備として、多賀城市は、市民活動サポートセンターを設置しました。

設立の経緯

 平成17年6月、多賀城市は、市民公募による「多賀城市市民活動を進めるワスリート会議」ならびに市職員の中から募集した「多賀城市市民活動を進めるワーキング会議」に対して、市民活動促進の必要性や促進の方策等について検討を依頼しました。2つの会議のメンバーによる議論の結果は「多賀城市市民活動の促進に向けて」と題した提言書にまとめられました。
 この提言を基に、平成18年6月、多賀城市は、市民活動促進に必要な基本となる考え方や方向性をまとめた「多賀城市市民活動促進指針」を策定しました。
また、同年には、この指針に基づき、市民公募による「多賀城市市民活動支援センター設立検討委員会」を設置し、市民や施設利用者の視点から、市民活動サポートセンター設置について具体的な検討が行われました。
 その結果、多賀城市における市民活動拠点施設として必要な機能を持つ市民活動サポートセンターの構想が具現化しました。
 市民活動サポートセンターは、専門性の高い施設運営を求めていたことから、施設の運営事業者については、県内で中間支援活動を実践するNPO法人を対象に公募し「多賀城市市民活動サポートセンター事業者選定委員会」において審査し「特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターに決定しました。このような経過を経て、公設NPO運営による多賀城市市民活動サポートセンターが誕生しました。

  • 平成17年6月 市民公募による「多賀城市市民活動を進めるワスリート会議」ならびに市職員の中から募集した「多賀城市市民活動を進めるワーキング会議」に対して、市民活動促進等について検討を依頼
  • 平成18年3月 提言書「多賀城市市民活動の促進に向けて」が提出される
  • 平成18年6月 多賀城市「多賀城市市民活動促進指針」策定
  • 平成18年8月 「多賀城市市民活動支援センター設立検討委員会」を設置
  • 平成19年3月 多賀城市市民活動支援センター設立検討委員会から「多賀城市市民活動支援センター設置に向けての提言書」が提出される
  • 平成20年3月 「多賀城市市民活動サポートセンター事業者選定委員会」において施設の運営事業者を審査・決定
  • 平成20年6月 多賀城市市民活動サポートセンター開館

 
 

たがサポ夕景

たがサポ夕景